さとちゃんとおじー 

低血糖症を煩い、仕事退職→結婚でサンフランシスコに移住!年の差国際結婚。太鼓叩き。アラフォー女子のぐうたらな生活。

その服どこで買ったの?

つい先日、カフェで席を探していたら、年上の白人女性(とても年上)に話しかけられて、

 

「あなたの履いてるそのパンツ、どこのブランドなの?」と聞かれた。

 

「これは日本で買ったんですけど・・・(^^;)とりあえず、ブランド名は〜〜〜。」と、ちょうど腰のところに書いてあったのでお伝えする。

 

まあ、今はインターネット社会。何か情報見つかるといいけれど。。。

 

サンフランシスコに来て1年。

 

見知らぬ人に、

 

「その服どこで買ったの?」と聞かれたのは、

 

えーと、多分、3回目。

 

いや、4回目だったかな?

 

日本に住んで40年。

 

私の記憶が確かであれば、知らない人に「その服どこで買ったんですか?」と聞かれたことはまず無い。。。と思う。

 

そもそも、知らない人が寄ってきて話しかけられるって、道を聞かれるとか、よっぽどの事が無い限りなかったと思う。

 

その点、知らない人同士が気軽に話してる、ここ、サンフランシスコ。

特におじーの傍にいると、そういう光景をよく目にする。

 

ちなみにおじーに、

 

「その服、どこで買ったのって、聞かれたことある?」

 

って聞いてみたところ、

 

「そんなのいっぱいあるよ。一度、バスの運転手がバスを停めて窓から顔出して、その帽子、何処で買ったんだ?って聞いてきたことあったよ。」

 

ワオーーー。

 

サンフランシスコって、そんなに頻繁に「◯◯どこで買ったの?」って会話がなされてるのか〜〜〜!

 

ん?そのバスって、もしかして私が使っているあのバスの事、言ってる??

(バスが2車両繋がっていて、日本と比べると長ーいバス。)

 

これ ↓ 写真のバス。

 

satocomedy.hatenablog.com

 

「そうだよ。」とおじー。

 

え??じゃあ、バスがちょうど、バス停に停まってたのかな?

 

「いや、もうすぐバス停って感じだったけど、バス停じゃなかったよ。バスを停めて・・って言ったでしょ。」

 

げげ!

 

日本だったら考えられな〜〜〜〜い。(^^;)


ちなみに、それはいつの話なんでしょ??

おじーの年齢考えたら、ずっと昔のことかもしれないし。。

 

「6ヶ月前くらいかな〜〜。」

 

え〜〜〜〜〜(><)

 

さとちゃん、もうサンフランシスコでおじーと一緒に暮らしてるじゃん!

なんで、そんな面白い話、私にしないのよ〜〜〜〜(><)

「いや、だって、些細な事だしさ。」

 

些細なことか?これ??(^^;)

いや、些細なことだよね。。確かに・・・
(私には些細なことじゃないけどさ・・・)

 

サンフランシスコ(またはベイエリア)に住む楽しさは、こうした予期せぬ会話・・・かもしれないと、ふと思った。

 

話好きな人多いからね〜〜〜。

 

いいんじゃないでしょうか。

 

 

 

今日はデヤング美術館に行ってきました〜。タレルの作品と私。

f:id:Satocomedy:20180115150946j:plain