読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Satocomedyの人生驚いた  

低血糖症を煩い、人生ガラリと航路変更。仕事休職→退職からいきなりサンフランシスコでの生活に挑む!年の差国際結婚。アフロで凸凹な日常。

友達ってどうやってつくるのさ!!

サンフランシスコに来て、3ヶ月が経った。

 

生活に慣れてきた部分と、外国に住んでいるという現実にボッコボコにされている部分と・・・そんな日々。(^^;)

 

英語がね〜〜、やっぱり大変です。。(><) なんというか、安心してコミュニケーションができるという前提に言語があると思うのです。私のこちらでの生活は、常に何かしら緊張感を持っている事が多く、日々、疲れることが多い。。。まあ、この辺は私の性格だったり、時には低血糖症の症状が緊張を後押しすることもあるから、ま、しばらくは焦らず様子を見る事も必要。

 

さて、私はこっちにまだ友達がいません。はい。(^^)

 

時々(いや実は頻繁に・・)、英語や何かでつまづいて落ち込んだりすると、「友達がいない。。」という現実が重〜〜くのしかかってくる事がある。。(ずし・・)

 

じゃあ、色々ネットを駆使して、友達を求めて積極的に行動すればいいではないか!と思って、一度、ベイエリア(サンフランシスコ含む、この辺りの近郊の街をベイエリアと呼びます。)住民の掲示板でお友達募集していた人に連絡を取ってみた事もあった。

 

数回、メールの交換があった後、相手から連絡がこなくなる。。。ガーーン。。

失礼なことを書いた覚えはないんだけどな。。(^^;) 旦那とハイチの太鼓を週2回叩いていて、アフロのドラム&ダンスを習っていますって書いただけなんですけど・・・。もしかして、それが失礼だったってこと〜〜?笑 まあ、趣味の違いもあるでしょう。合わないと思ったらぴしゃりと切るのも生きる術。私も落ち込んでないで、さっさと前を向いて歩いて行きます。はい。

 

では、英語のクラスで友達を作ればいいではないか!!(^^)

 

はい、これが一番近道な気がするのだけど、実は結構難しい。。。

 

まず、私が1月から通っているシティカレッジの英語のクラス(一応上級コース)、英語が話せる人が多いのは良いのだけど、私の英語力が彼らに追いつかない・・(><) 故に会話が続かない(><)  ぎえ〜〜。ただ、授業の内容は自分にも合っているので、レベルを落としてもう1つ違うクラスも受けてみる事にした。

 

ひとつ下のレベルのクラス、テキストや授業の内容は楽になったけど、こちらもま〜、皆、よくしゃべること、しゃべること。。。(^^;) 私、全然、しゃべれませ〜〜ん(><) 落ち込む。。

 

私の会話レベルだと、もっと下のクラスになるのかも。。。と思い、上級クラスの私の大好きなおじいちゃん先生に相談。「君、まだこっちに来て、2,3ヶ月でしょ。多くの生徒が何年も住んでるような人達なんだから焦る必要ないよ。文法や理解のレベルは高いから、大丈夫だと思うよ〜〜。」とのこと。ありがとう!先生!涙。

でもね先生、私、しゃべれないんです〜〜〜〜。え〜〜〜ん(><)

 

多分、これが普通の語学学校だと、またちょっと様子が違う。友達を作るのもそんなに難しくないんじゃないかな?

 

私も去年2週間だけ語学学校に行ったけど、まずどのクラスにも日本人が必ずいたし、だいたい生徒も同じ英語のレベルというのもあり、生徒同士の会話で緊張することはない。あと、留学しに来てるわけだから、それなりにみんな経済的な基盤はある。そして生活の基盤が語学学校だから、他の人と仲良くなろうという意識も高い気がする。

 

これが私の通っているシティ・カレッジとなると話はまた別。無料のクラスということもあり、いろいろなバックグラウンドの人が集まっている。

 

働いてる人も多いし、長年住んでいる人も多い。前の記事にも書いたけれど、難民で来ている人もいるし、不法移民の人もいるだろう。(いや、いるだろうではなく、3分の1は不法移民じゃないかと思う。サンフランシスコは、移民のサンクチュアリだとおじーもよく言っている。)あとは、期限付きでこっちで住み込みで働いてる外国人。アジアだったり、ヨーロッパだったり、色々な国から集まってるみたい。そして、何故か日本人がいない。。。(^^;) いるのかもしれないけど、全然会わない。。

上記に挙げた前の記事↓

satocomedy.hatenablog.com

 

てなわけで、いろいろな人がいるので、結構会話に気を使う。会話どころか、慣れるまでは、服装や持ち物にも気を使っていた私。地味に地味〜にしてました。

 

この間、ランチで一緒になったニカラグアのおばちゃんは、仕事の為にこっちにきて、10年くらい住んでいるとのこと。「最近、仕事がなくなってしまって大変なの。。。」って言ってたけど、う〜〜〜ん、返す言葉がない。。。「あなた1人でサンフランシスコに来たの?私もなのよ。1人は大変よね〜〜。」って、まるで娘を心配するような親心こもった優しい表情で色々話しかけてくれる。気持ちがとてもありがたい。

 

先生も言っていたけど、特に上級クラスになると、上級レベルを超えてしまっている人もゴロゴロいるので、クラス内でもレベルの差が激しい。あと、ラテンアメリカ圏の人、ヨーロピアンも含めてスペイン語圏が多いので、生徒がお互いのスパニッシュ訛りの英語に慣れている。私はスパニッシュ訛りが本当に聞き辛くて苦労している。そして逆に彼らは私の英語がとても聞き辛そう・・(^^;) 残念ながら会話にならない。。。というこも結構ある。。ぐすん・・。

 

まあ、英語は発音も含めて、これからもがんばらなくっちゃね。エイエイオー!

 

そんなこんなで、友達作るのも一苦労だけど、友達というのは、作ろうと思って出来るものではないのかもしれないとも思ってきたぞ。それこそ巡り合わせで、ふと自然に仲良くなっていた。。というのが自分のパターンだよな〜、そういえば・・と思ったり。なんか婚活みたいだな〜。笑 お友達の話なんか聞いてると、婚活して疲れちゃってもういいや〜〜って思った時に、ひょっこり出会いがあって、あっという間にゴールイン♪というパターン、多いもんな〜。

 

話はズレましたが、そんなこんなで人にも依ると思うけど、私みたいに今のとこ友達がいないというケースもあるので、この状況をシェア!笑  

 

海外生活って、華やかに見えたり、羨ましく感じる対象になることもあるのかもしれないけど(私自身、海外生活者ってカッコいいな〜〜って思ったもんで。。私だけ?^^;)、日本と違ーーーう!!ということで、色々と苦労がある。

 

ただ、苦労もあるけど、発見もある。

 

それが私を強くもするし、願わくば、私のイケてない経験もどこかで誰かの役に立てばいいなあ。。と思う。(^^;)


でもさすがに、1年後には友達1人はいるといいな〜〜(^^;)まあ、いなかったらブログのネタにします〜〜。

f:id:Satocomedy:20170328085628j:plain

イケてるつもりの私の写真↑ またがってるだけですけど。。(^^;)ハーレーのバイクはイケてるでしょ??