さとちゃんとおじー 

低血糖症を煩い、仕事退職→結婚でサンフランシスコに移住!年の差国際結婚。太鼓叩き。アラフォー女子のぐうたらな生活。

さとちゃんの一時帰国。宙ぶらりんな私。

さとちゃん、おじーと日本に帰国中です。

前回のブログにも書いたように↓

satocomedy.hatenablog.com

 

家族、友人に本当にお世話になっていて嬉しい限りなのですが、

 

実はさとちゃん、ちょっと気持ちが落ち込み気味〜〜〜〜(^^;)


今朝、思わずおじーに、

 

「さとちゃん、サンフランシスコに帰りたい・・・」とボソッと言ってしまったよ。。

 

家族、友人・知人も見るこのブログ、

こんなぼやきを書いていいいものか?と思ったけれど、あえて記録しておこうと思います。

 

 

さとちゃんの落ち込みの原因

 

その1:体調がすぐれない。
この時期の日本は暑い。そして室内はずっとクーラー。サンフランシスコのなんとなくいつも肌寒いところから、一気に蒸し暑い日本に戻ってきたのが、身体にこたえている。しかも、おじーと私で体感温度が違うので、2人にとって適切な温度を見つけるのが、結構大変。(特に夜、寝る時。)

 

あと、お米が美味しすぎて食べ過ぎる。低血糖症の私には、非常によろしくない。。

だけど食べちゃう。。これ問題ね。

 

 

その2:お金がかかる。

我々、6月中旬に帰国したんですけど、それでもやっぱり航空費、高ーーーーい!!しかも直行便で帰ってくるもんだから(最初、乗り継ぎ便で少しでも安く・・と考えていたんですけど、私より元気とはいえ、おじーの年齢を考えて直行便にしました。)、

 

まあ、本当に覚悟を決めて帰国を決定します。(^^;)

 

てか、去年も直行便で1ヶ月、帰国したんですけど、今年はなんと2ヶ月!

2ヶ月も休みが取れること事体、驚きなんですけど(おじーがフリーの教師だからできることなんですどね。あと、私も驚きのバイトお休み取得!)

これ↓

 

satocomedy.hatenablog.com

 

日本で散々両親にお世話になっているとは言え、お金はかかるもの。

しかも、その間、無収入だしさー(^^;) 家賃もあるしさー。トホホ

 

というわけで、バンザーイ!ラリホー!と、100%ご機嫌な気持ちになれない。。

 

これ、多分、同じ様に思っている家族連れの一時帰国者、多いんじゃないかな?(^^;)

洒落にならんわよ。本当に。

 

 

 

その3。日本?アメリカ? その狭間にいる私。

いくらお金がかかっても、家族に会えるのだし、お休みが取れるだけで奇跡みたいなものなんだから!と、思う人がいるかもしれない。というか、私自身、そう思ってます。

 

ただ、その一方で、

 

「今、自分は日本には住んでいない。」

 

「アメリカでの生活に必死に慣れようとしている。」

 

という状態。

 

生活の拠点はアメリカで、アメリカに帰ったらまた、不便な英語の生活に戻り、日本とは違うコミュニケーションの中で生きていくことになる。

 

アメリカ在中3年くらい経てば、2ヶ月のお休みも「ひゃっほーい!」と心から楽しめるかもしれないけど、今のさとちゃんは、日本でのお休みを楽しみつつ、日々日々、できなくなっている英語に不安を覚え、この日本の快適な生活から、いきなりアメリカの生活に戻れるんだろうか。。。と、結構深刻に不安にも思っている。(^^;) 

 

 

その4:コミュニケーション

 

おじーと帰国しているので、アメリカで生活しているよりも、ずっと、おじーと一緒にいる。なので、行動がおじー目線になる。

 

基本的に一緒に行動するわけですが、サンフランシスコと違って、便利であって不便な東京の生活。

 

空港は遠いし、電車は混んでる、てかどこに行っても混んでる。(サンフランシスコだと、全部車で行けちゃうので。。)何かと融通がきかないコミュニケーション(お店とかね。あと、基本的にはサンフランシスコはフレンドリーな街なので、そこに慣れてしまうと日本人のコミュニケーションが時々不思議に感じることがある。)

 

ちなみに、国内の飛行機に乗ったんですけど、飛行機内も含め、おじーが空港での英語のアナウンスを半分位しか理解できていなかったことが驚きだった。私もまた、彼らの英語が理解できず(私の英語力かもしれないですけど。。)、早口でハッキリしゃべらない彼らの英語に、正直なところ、ちょっとムッとした。(これは、日本だけではないけれど、色々な国の人が集まる空港では、もう少しアナウンスに気を使って欲しいと切に願う。ゆっくりハッキリしゃべって欲しいよ。。さとちゃん的には。)

 

話ずれちゃったけど。。汗

 

あと、私には平気でもおじーにはきつい・・ということがある。(その逆もある。)

 

言葉も違えば文化も違う。そもそも年齢も違う・・ということで、気を使うことは多い。それがお互いのイライラの原因になったりもする。

 

あと、なんちゃって通訳をしている身としては、おじー側と相手側にダブルで気を使うので、場合によっては結構疲れるよ〜。(^^;)  まだまだ、集中力がそんなに続かないからさ〜〜。

 

一方、日本大好き♪のおじーにとって、日本での生活は毎日バラ色。

 

このブログでも何度も書いてますけど、アメリカでアフリカン・アメリカンであることは、それだけでストレスを持って生活しているということ。

 

「やっと安心して呼吸ができるような気がする。」おじーが日本に来て、よく口にすること。だもんで、少しでも長く日本にいたい!というおじーの希望で、2ヶ月滞在しているわけである。

 

さてさて、

そんなこんなで、今日はちょっと一時帰国のネガティブサイドをご紹介してみました〜。

 

 ネガティブサイドがあれば、ポジティブサイドもある。

てか、ポジティブなことの方が多いですけど。

 

なので、このブログをみた私の関係者の皆様はご心配なさらぬよう。。(^^)


おじーが家族や友人と、言葉じゃないところで通じ合ってしまって大爆笑していたりするのを見ると、

 

100%幸福な気持ちになるし、家族や友人達の元気そうな様子をみて、本当に安心している。

 

ネガティブをみるか、ポジティブをみるか?

ただ、それだけのことなんですけどね。たはは

 

今日は朝からお腹が痛くて、ちょっと疲れ気味で気持ちが暗ーくなってしまったんです〜。

 

ネガティブなことをいちいち書くなよ・・(^^;)とも思うけど、「こういう気持ちもあるんだよ。」って、なんかそこんところがシェアできたらいいな〜と思いました。

 

最後に・・

 

サンフランシスコで会った、もう何十年もアメリカに住んでいる年上の女性がこんなことを言っていた。

 

「日本とアメリカ、どっちに住み続けたいかって言われたらアメリカって言う。もう日本では暮らせないと思う。日本に帰っても自分の居場所にピンとこない。だけど、じゃあ自分がアメリカ社会に完全に馴染んでいるかと言われればそうとも言えない。日本もアメリカも両足を突っ込んでいて、それでいて宙ぶらりんな気がする。」

 

私はまだ、アメリカ在中1年半くらいだけど、それでも何故か、彼女が言った「宙ぶらりん」という言葉に共感した。

 

宙ぶらりん。

 

あまりいい言葉じゃないような気がしていたけれど、宙ぶらりんだからこそ見える世界があるのかもしれないな〜と、

 

そんなことを思ったりもしている。

 

f:id:Satocomedy:20180713110619j:plain

 

さとちゃんの一時帰国。初めてのシルク・ドゥ・ソレイユ!の巻

おじーとさとちゃん、日本に帰国してます〜〜。

 

毎日、ぐうたらで忙しくしています。(^^;)

 

日本に帰国して2週間ちょっと。

 

その間、ぐうたらしてる割には色々なことがありました。

 

せっかく日本にいるのだから、ちょいと他のアジアの国も旅行したいかも・・と思い、意を決して旅行準備してたんですけど、なんと飛行機欠航!しかも行きだけでなく、帰りも欠航だったというダブル欠航(そんなことあるんだね〜〜。ほえ〜〜。)で、とことんガッカリというか不思議というか。。。(^^;) 無理して飛行機変更して行っても、結局帰って来れなかったしね。。とほほ

ただ、空港までの交通費(馬鹿にならんよ!)、欠航が知らされるまで空港で費やした時間(8:30から17:30まで。)、返金の連絡についやした時間(カスタマーサービスがひどくて大怒りのさとちゃん。LCCは何かあった時にとても厄介だ!ということがわかりました。)


とにかく、飛行機欠航のせいで無駄に疲労困憊。。。

 

てか、行きたかったしー。旅行。(T T)
そんな落ち込み気分の中、友人が素敵なレストランでランチご馳走してくれたぞ!!

思ってもみないおもてなしに、びっくりしたーーーーー!!!

思わず、電車の乗り換え忘れちゃったもんね。(移動中のメールで知ったので。。)

 

ちなみに、電車、乗り換えそびれてそのまま乗っていたら、となりに座っていた女性に英語で話しかけられ、彼女はヨーロッパのある小さな国の出身なんだそうですけど、こてんぱんに日本の悪口を聞かせてもらいました。(^^;) まあ、悪口というか、どこの国でも貧富の差で受ける差別というのがあり、それに対しての怒りなんですけど、なんというか、日本だと電車で話しかけられるのは頻繁にはないことだし、更に外国の方から日本への不満を直接聴くこともあまりないので、なかなか貴重な機会でした。。ははは

 

話が脱線しましたけど。。。

 

見よ!このお洒落な和食の皆さんを!!!!

f:id:Satocomedy:20180702232741j:plain

 

f:id:Satocomedy:20180702232755j:plain

 

f:id:Satocomedy:20180702232808j:plain

 

更に、今度は他の友人からなんとシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマンスを見れる機会を頂きました!!ほげーーーー!!

 

f:id:Satocomedy:20180702232528j:plain

 

 

さとちゃん、

 

泣いちゃう・・・(T T)

 


ありがとーーーう!!

 

 

 

さて、シルク・ドゥ・ソレイユ。

一度、サンフランシスコでやっているとのことで、おじーと見にいこうとしてたんですけど、

 

チケット、高っ!!!!

 

正確には覚えてないけど、安いチケットでも200ドル以上してたはず。。

アメリカの方が日本で見るより安いんじゃないの????(^^;)と思っていた私には、衝撃の価格だったことだけは覚えている。

 

(ちなみに、今、ラスベガス公演のチケット調べてみたけど、日本よりお手頃価格のチケットありました。どうやら私がチェックした公演がちょっと特別だったのかもね。。^^;)

 

ま、そんなことはいいとして。

 

シクル・ドゥ・ソレイユ。

 

やっぱり、プロの仕事は違うわ。。。と、口をポカンとあけて見入っていました。

 

人間は色々なしがらみや状況からの自由を求めているけれど、つまるところ、重力からの解放が究極の自由なのかな。。。と、空中を自在に飛び跳ねているパフォーマーを見ながら思いました。

 

音楽もライブ演奏で、とっても素敵だった〜〜〜♪♪♪

 

なので、CDを買おうと思ったら(もう、数年、CDなんて買ってないんですけど、それほど良かったんですよ〜〜。ほんとに。)、

 

DVD買っちゃいました。(^^;) てへへ

 

さて、そんなこんなでパフォーマンスもさることながら、音楽もとっても良かったので、

 

ふと、

 

おじーも、こういうところで演奏したら面白いんじゃないの?てか、シルク・ドゥ・ソレイユで演奏してたらすごいじゃん!楽しそ〜〜〜

 

なんて思っておじーに話てみたところ、

 

「随分昔のことだけど、審査に受かったんだけどさー、カナダに引っ越さなきゃならないっていうから辞退した。」

 

 

あ、そうですか。。(^^;)


ま、シルク・ドゥ・ソレイユ、旅芸人だもんね。

 

それはそれで楽しそうだけど、家族がいる身だと、移動も大変だわね。

 

 

ステージ上に繰り広げられていた素晴らしいパフォーマンスをみながら、技を極め、最高のものを作り出すアーティストの領域とは、どんなものなのだろうか?と、思いめぐらせていた。

 

今、日本の暑さですっかり布団で伸びてしまっているおじーを横にみながら、

 

シルク・ドゥ・ソレイユのステージ上ではないけれど、

 

布団の上でくつろいでいる素晴らしいアーティストが、

 

ここに、

 

いるんだな〜〜と、

 

親馬鹿ならぬ、配偶者馬鹿(もっといい言葉ないかね。^^;)の私がいる。

 

シルクドソレイユのキュリオス

 

チェックですよ!!

www.kurios.jp

 

サンフランシスコでネイルサロンに行ってきたぞ!

サンフランシスコで良く見かけるのが、

 

ネイルサロン。

 

犬も歩けば、

 

ネイルサロン。

 

あっちゃこっちゃにある。(様な気がしています。私には。)

 

 

そしてその見た目ですが、

 

これまた、

 

アジアンな感じ。

 

えーと、

 

おしゃれじゃない感じ

 

と言えば、想像つくかな?(^^;)

 

まあ、とにかく、あっちゃこっちゃにあるので、

 

お店の前を横切るついでに、横目でじっくり店内を見るんですけど(大抵、ドアが開けっ放しになっている。)、

 

男性のお客さんが椅子に座ってるのを何回か目撃。

 

ま、ここ、サンフランシスコだしね。(^^)

 

気になるお値段ですけど、

 

ジェル・ネイル $30って、

 

安くない???

 

なんでもお高いサンフランシスコ。

 

まあ、技術は分かんないけど、日本より安いものがあるのがビックリだった。笑

 

ビビリな割には好奇心旺盛なさとちゃん。

 

日本帰国のロングバケーションを利用して、ジェルネイルをする事にしましたー!

(レストランでバイトしてるから、普段はマニュキュアはできないからさ〜)

 

といっても、金曜日までバイト。

次の月曜日には、飛行機に乗っている・・・ということで、

 

あんまり時間がなーい!(^^;)

 

おじーと私、大体ギリギリまでバタバタしているのがパターンだし。。

 

でも、どうしても爪のお洒落したいー!という、私のよくわからない希望を叶えるべく、普段避けている電話でのお問い合わせ(だって英語なんだもん。)をし、まずは予約完了です!

 

走って近所のネイルサロン(一応、ネットで調べて、評判の良さそうなところにしました。)にゴーです。

 

お店に入ると、

 

全くビューティーには関心なさそうな、中国人の女性3人(うち2名はおばあさん。)が、まったり仕事をしている。てか、1人は仕事しないで雑誌よんでたかな。(^^;)

 

店内、

 

全く、お洒落感無し!!!ビバ!!

 

日本ではサンダルを履くだろうと思って、手足両方のジェルネイルをお願いする。

 

これで合計$ 60

 

安くない??(^^;)

 

まあこれにチップが入るから、$70くらいになるけど、それでも日本と比べると、

 

安くない??(^^;)

 

まあ、日本のネイリストさんの方が、技術力も高いと思うし、店内ももっとお洒落だと思うけど、とにかく手足両方だったら、最低1万円はするでしょう。てか、もっとするはず。。。

 

店内、全くお洒落感なし、

 

ネイリスト、全くお洒落感なし(しかもあんまり英語が話せない。)

 

技術、よくわからない・・・(^^;) 

 

でも、私はこれで十分満足よ〜〜って感じです。

 

プチマッサージもついてて、気持ちよかった〜〜♪

 

お洒落な雰囲気で、お洒落にしてもらうっていうのは、

それはそれで気持ちがよいと思うのだけど、

 

私は今、特にアメリカでは、

雰囲気はどうでもいいから、

自分がくつろげるところが良いです〜。

 

f:id:Satocomedy:20180620200401j:plain

オレ様の足。

 

f:id:Satocomedy:20180620200423j:plain

ネイルサロンにて。勝手に写真をとるオレ様。

あっちゃこっちゃで1人で自分を撮影している様子をしょっちゅう見かけるので、気にならなくなってきたオレ様。

強くなるとはこういうことだ。道をたずねて通報されるの巻。

晴れの日の朝。
 
ダウンタウンでパフォーマンスがあるので、車で集合場所に向かっていた私とおじー。

ちょっと道が分からなくなる。
 
私が携帯を家に置き忘れたので、犬の散歩をしていた白人のおじさんに、
 
「すみませーん。」と、車の窓から声をかける。
 
このおじさん、気がつく様子なし。
 
耳にイヤホンが見えたので、視界に入る様に、両手を振ってアピールしながら、
 
『◯◯ストリートは何処ですか?』と、聞いているにも関わらず、このおじさんがとった行動はこうだった。
 
 
電話を片手に、大きな声で、
「車で後をつけてくる怪しいやつがいる。なんとかしてくれ。」
 
そう、警察に通報してたんですね〜〜〜。
 
うっそ〜〜〜〜〜(^^;)(^^;)
 
私もおじーも、ビックリ!!ビックリどころか、呆然。
 
最近、アフリカン・アメリカンが公園でBBQしてるというだけで、白人女性に通報されるなど、まあ、色々なニュースがありますが、

この記事に最近の色々がよくまとめられてます。↓
 警察に通報、
 
流行ってるの????(^^;)
 
 
白人のおじさんには、もう、何言っても無理なので、とっととその場を離れ、次に見つけた通行人に道を尋ねたら親切に教えてくれたよ〜〜〜。
 
てなわけで、パフォーマンスの前だというのに、我々、なんだかどよ〜〜〜〜ん。
でもま、ダンサーさんの明るいエネルギーに支えられて、パフォーマンスは楽しく終了!
 
嫌なことは、忘れよ、忘れよ。
悲しいけど、こんな類いのアホは、ここには腐るほどいる。
だから、さとちゃんはどんどん性格が悪くなっていく。。。じゃなくて、強くなっていくのだーー!!
 
ちなみに、パフォーマンス会場からの帰り道、真っ裸で自転車にのっている白人男性の集団がいましたけど、彼らは通報されないのかな〜?
 
多分、通報されないんだよな〜。何故なら、アフリカン・アメリカンとアジア人のカップルが道を聞くよりも、ずっとそっちの方が害がないって思われてるんだろうから〜〜。
 
いいな〜、警察に通報されないなんて、羨ましいな〜。(^^)
 
 
これからは私も、道を聞かれたら通報し、困っている人がいたら無視する事にしよーっと。
 
 
冗談よ。(^^)


ちなみに、4日前くらいのこと、おじーが車を道に寄せようとしてたら、一台の車が近づいてきて、「NIGGER」とおじーを罵って去っていったとのこと。
50代くらいの白人男性だったらしい。
 

 NIGGERについては、この記事をどうぞ。

satocomedy.hatenablog.com

 

 
パフォーマンスから戻ってきて、家で寛いでいるおじーと私。
 
微笑みを浮かべながら、植木達に水をやっているおじーを見て、
さとちゃん、トイレに隠れて泣いたさね。何故か涙が出てきちゃってさ〜〜。
 
嫌なことは山のごとし、
 
でも、
 
良い事も、また、山のごとし。
 
色々あっても、常に気持ちの良いエネルギーに焦点をあてていこう。
 
嫌な事があっても、
 
それでも、気持ちの良いエネルギーに焦点をあてていこう。
 
そのうち、私がずっと憧れていた「強い人。」に、私も近づけることを願いながら。
 

f:id:Satocomedy:20180610094836j:plain

 

How blessed I am: さとちゃんとアルバイトの事

この記事を書いたのは去年の8月末。↓

satocomedy.hatenablog.com

 

一言も英語を話さずに終った、2日間の3,4時間の短いアルバイト。

 

朝早く起きて(というか、緊張で起きてしまった。5時半とかね。)、

ドキドキしながら普段使わないバスにのり、

お店に早く着きすぎて中に入れないので、周辺をグルグル散歩したりしていた。

 

会社を休職(退職)してから、おじーと一緒のドラムの演奏以外では、初めての海外でのお仕事でお金をもらった。

 

たった二日の、英語も話さない、数時間のアルバイトだったけど、
私はとっても嬉しかった。

 

成功体験とは、こういう事だ。

 

「できない、できない。」と思っていたことが、少しづつでもできる様になっていく。

 

あの頃は、まだ今より体調が悪かったので、家に帰ってからぐったり疲れてしまっていた。でも、嬉しかった。

 

1万円満たないお給料だったけど、さとちゃん、嬉しかった。(^^)

 

そして、11月頃に、今度は単発じゃないバイトが決まった。

失敗もした。これ↓

satocomedy.hatenablog.com

バイトが決まって、2回働いたところで、体調が悪化してしまい(というか、風邪ひいたんですけどね。それがもとで低血糖症もひどく出てきちゃって、ちょっと大変だったのですよ。)、

 

早速、2週間、バイト休み。(^^;)

 

その後、動悸や頭痛、諸々の低血糖症状を抱えながら、毎回、試験を受けに行く様な気持ちで、バイトに行っていた。

 

といっても、週2回、こちらも4時間位のバイトで、英語はまあ、そんなに使わないんですけどね。。(^^;)

 

そんなこなんで続けていたら、気がついたら、このバイトがとても心地良くて、シェフとも英語でふざけた会話したり、 オーナーから色々クッキングについて教えてもらったり、

 

今は、鼻歌歌いながら仕事しているさとちゃん。(いい加減に仕事してるって意味ではありません。楽しみながら仕事してるってことです〜。)


そして、今度は4月から、日本の雑貨をあつかうお店で接客のお仕事も始めた。

こちらはもう、お客様が日本人1%なので、英語です。

非常に緊張の連続です!!!!

 

今もまだ、緊張するし、勉強の連続だけど、

 

さとちゃんね、

 

楽しいのだーーーー!!!!

嬉しいのだーーーー!!!

 

気がついたら、さとちゃん、2つのでバイトで週4で働いてるじゃん。(^^)

最初は、どんな仕事でもいいから、自分が無理なく楽しめる仕事をする!という目標があった。

 

で、2つ目の仕事を選ぶ時は、上記にプラスして、英語使用の頻度を上げること、そして、おしゃれをしてできる仕事をする!というのが目標だった。

 

英語のクラスに行く時、和食レストランのアルバイトは、大抵、Tシャツにパーカー、ジーンズというお決まりスタイルだったし、そこにお洒落していく必要もなかったしさ〜〜。

 

だから、アホみたいかもしれませんけど、お洒落してお出かけするのを楽しんでいる私がいる。仕事の為のお洒落ってのがポイントです。

 

まあ、いいんですけど・・・(^^;)

 

 

ちなみに、2つ目の雑貨屋さんのバイトを始めるに当たって、和食レストランのオーナー、そして、雑貨屋さん共々、私の希望を考慮して、シフトを組んでくれたのよ。実は。



◯曜日に働いて欲しい・・という条件で採用されたにも関わらず、さとちゃん、新しいバイトを増やす為に、シフト変更してもらっちゃったからね。。

 

更に、雑貨屋さんの方も、週末働ける人を探していたのに、さとちゃん、週末はドラムで働けないから、平日のみで採用してもらったあるよ。

 

あげくの果てには、今回、日本に2ヶ月帰国するんですけど、どちらのアルバイト先からも、「日本から帰ったら、また戻って働いて〜。」という、鼻血が出る様な有り難いお言葉を頂きました。レストランに関しては、オーナーのお友達が、私の不在の間に私の分を手伝ってくれることに! 引き継ぎの為に数回お会いしたんですけど、すっかり仲良くなっちゃって、話が尽きない。はっはっは。

 

雑貨屋さんの方も、私の不在をカバーして頂けることになり、本当に、本当に、感謝しかない。

 

大金を稼いでいるわけではない。

チップもないし、稼ぎ自体は大したことないけど、私は働けている自分にとても満足している。

贅沢はできない身だけど、健康で、安心して暮らせる部屋があり、自分達が必要だと思うものを食べていることが、そもそもとても贅沢だよね、とおじーと話している。

 

70歳のおじーが、無理のないスケジュールで働けていること、そして、そのお給料と私のお給料で生活できていること。

 

How blessed  we are

How blessed I am 

 

バイトに向かう道すがら、胸が熱くなった。

 

有り難いとは、こういうことだ。

 

働かせてくれてありがとう。

 

そんふうに思った晴れ日の午後。

パフォーマンスを終えて。おじー&さとちゃん、お疲れさま(^^)

ひとつ、パフォーマンスが終った。

 

まだ当日の写真が手元にないので、宣伝用に使った写真がこちら。↓

f:id:Satocomedy:20180605140739j:plain

 

中国の古楽器を演奏するグループ Melody of Chainaさんとコラボイベントでした(^^)
リハーサルの時の写真。

f:id:Satocomedy:20180605140903j:plain

とってもとっても素敵なミュージシャンの方々だった〜〜〜〜!!!

 

で、今回、アフリカルーツの音楽(アフロヘイシャン。ハイチの音楽です。)と中国の音楽のコラボだったんですけど、

 

 

我々のやってるアフロヘイシャン、楽譜ってものがないので、

 

そりゃも

 

大変だったのよ〜〜〜〜(^^;)

 

おじーがミュージシャン仲間に頼んで、アフロヘイシャンの歌を譜面にして弦楽器用にアレンジしてもらったんだけど、

 

これ、アフリカのリズムがもとになっているので、西洋のリズムに慣れている人にはリズムの取り方が非常に難しいわけで、弦楽器のミュージシャンの皆様方、慣れるまで大変そうだった〜〜(^^;)


弦楽器とドラム、さらにこれにハイチ人のボーカルが入るんですけど、もう一度言いますが、アフロヘイシャンは楽譜がないので(あっても誰も読めないだろうし。)、完全に「ノリ」でボーカルが入ってくるんですけど、

 

譜面上の進行とボーカルのハーモニーがズレるところもあり、

 

いや〜

 

音楽の作り方が全く違うわ・・・こりゃ・・・

 

と、勉強になりました。

 

ちなみに、この時期、サンフランシスコはカーニバルやら何とかフェス(まあ、年がら年中やってる様な気もするけど)が目白押しで、

 

お客様、

 

 

いるんかいな〜〜〜〜(^^;)

 

 

という気がかりや、

 

やれドラマーがいない!ダンサーがドタキャン!だの、

 

色々とストレスフルな状況でした。はっはっは

 

更に、このブログでも散々さとちゃん忙しい〜〜〜(><)とわめき散らしていましたが

(ちなみに、さとちゃんが忙しいということは、おじーはその倍、忙しいということです〜。)

 

忙しくて、疲れ果てて手が回らず、駐禁を立て続けに3回切られたり、

車のライトをつけっぱなしにされて、修理代がかかったり、

ストレスで、ものもらいや口内炎ができたり(おじーと私、2人して)、

ストレスで、おじーとたくさん喧嘩したり、

また具合が悪くなってきたり(さとちゃん)、

 

 

いや〜、ここんところでは久しぶりの、ぎえ〜〜〜って感じ。
診断書がでて、仕事を休職した時のぎえ〜〜〜って状態を思いだした。

(あの時は、もう仕事が回らなくてさ〜。本当に大変だったんだよな〜。)

 

で、ちなみに、

 

アメリカだからなのか何なのか分かりませんけど(多分、アメリカだからだと思ってるんですけどね。さとちゃんは。)

 

人の態度に驚かされたり、傷つけられたりすることが、まー、多いこと、多いこと。

 

 

ありえなーーーーーーい、ありえなーーーーーーーい、ありえなーーーーーい!!!!

 

 

の連続なので、あっという間に、疲れます。。。(^^;)
ちなみに、これが一番のストレスの要因なんですけどね。メンタルのダメージは馬鹿にならんよ〜〜。

 

 

だから、あえて自分自身に、そして何よりおじーに、

 

「我々、ようやっとったよ!!」と言いたい。

 

我々、ようやっとったよ!!

 

私達しか分からないことかもしれないけどさ、

 

こんな状況で、我々、ようやっとったよ!!

 

まだ、心身ともにぐったりだけどさ、

 

思い出して、なんだかやりきれない気持ちもあるけどさ、

 

我々、ようやっとったよ!!!

 

おじー&さとちゃん、本当に、お疲れさま。(^^)

ちなみに、パフォーマンスは無事に成功し、たくさんのお客様に囲まれ、おじーはいっぱい誉められていたよ〜〜♪

 

さとちゃん、忙しいの巻

* 読まなくていいです。むしろ、読まないで下さい。大したこと書いてないので。。

 

 

 

忙しい・・・

 

非常に、忙しい・・・

 

ので、体調もちょっと下降気味、不安を感じることも多い・・・。

 

できてないことも多い・・・。

 

さらに、色々、ハプニング起こりまくり〜〜〜〜(><)(^^)

 

今までの人生、色々あったけど、

 

なんだか最近は、人生の凹凸の波が、1日単位でやってくる。

1日に、凸凹凹 みたいな時もある。

1日に受けとめられることの範囲を大きく超えている日が、多いのよ・・最近。(^^;)

 

とにかく、色々ありすぎて、手に負えない。。。。ちーん。

こんな、よくわからないことは、私の人生では初めてなので、驚いているとともに、

 

非常に疲れるので、毎日、息切れしてます。。いや、ほんと。

 

なので、ちょっと仕切り直しでゆっくりしようと思い、今日のランチは、家に入る扉のところに座って、外で食べました。

 

これ↓ ちょうど家にあった段ボールで、テーブルを作ってみましたー。

f:id:Satocomedy:20180529060840j:plain

 

やることがたくさん溜まっているのに、それができてないから、不安や落ち着きのなさにつながる。

 

だから、先にその不安要素を取り除いて(要は行動してしまえば)、不安はなくなる、または減少する・・・

 

と言うアドバイスは、ちまたに溢れている。

 

ただ、私もおじーも(特におじー)、この方法は自分達には全く合わないと思っていて、

 

まず、自分達が落ち着くこと、リラックスすることが先で、リラックスできたら、物事をさくさくと処理していくことができる・・という考え。

 

不安がある時に行動すると、ろくな事がない・・というのは、私も自分の人生から学んだこと。

 

ただ最近は、そのリラックスする時間をとるのさえ難しかったんだよね〜〜〜。(^^;)

 

 

特にこれと言って、ブログにするまでもない事なんですど(この記事より、もっと書きたいことはいっぱいあるんですけど〜〜〜。)

 

 

ただ、この、

まったくよくわかない状況を、記録しておきたいと思ったので、

ブログに残しておきます〜。

 

ブログを書くのも、自分の状況を見つめるのに良かったりするもんね。(^^)