さとちゃんとおじー 

低血糖症を煩い、仕事退職→結婚でサンフランシスコに移住。年の差国際結婚。太鼓叩き。アラフォー女子の生活。

アメリカで庶民が化粧品を買うんなら

ここがいいんじゃないの?↓

www.talkable.com

 

オンラインショップなんでけど、初めてのお買い物が25%オフになるよー。

そして、私も25%オフになるらしいぞー。

 

という宣伝でした。(^^)

注:日本への発送はやってません。

 

まあ、それはどうでもいいですけど(まあ、25%オフになったらうれしいけどさー)

 

アメリカに来て、「アメリカにはどうやら化粧水というものがないらしい。。」という事実を知ってから(まあ、あるっちゃあるけど、日本の化粧水とちょっと意味あいが違うみたい。)、

 

精製水にグリセリンとにがりを入れて、自分で化粧水を作り、あとはココナッツオイルを塗っておしまい!

 

という生活を続けているんですけど(まあ、日本にいた時もそんな感じだったけど)、

 

2年くらい続けていたらさすがに飽きちゃった(^^;)

 

 

 

というわけで、

 

お肌に優しい成分で、尚かつ、経済的な化粧品はないものか???

 

と、調べて行き着いたのが上に紹介したサイト。ま、これです。↓

www.physiciansformula.com

 

今のところのさとちゃんの所持品のみなさん。

f:id:Satocomedy:20190416082918j:plain

 

 

この真ん中のピンクのボトルは特にお気に入りでこれで3本目。

化粧水をつけてからこれを塗って、ココナッツオイルをつけるんですけど、もう手放せません。

 

ちなみに、このサイトを参考にしたんですけどね、

www.naturallivingideas.com

 

日本でナチュラル、オーガニックの化粧品を買うとなると、

 

私が知る限り、、

 

「たけーーんだよ!!」

 

(今はどうだか知りませんが、どうなのかしら?)

 

と雄叫びながら、それでもまだ買えていた独身貴族時代。

 

今はとてもじゃないけど、化粧品にお金をかける気にならない・・・

 

やすーい化粧品を買う・・という手もあるけど、さとちゃんのお肌はかなり敏感肌の為、一発で真っ赤に腫れ上がってしまうので、成分には慎重なのですよ。

 

そこで出会ったこのサイト。

しつこいようですがこれです↓

www.talkable.com

 

私は別に回し者でも、これで利益を得られるわけでも何でもないんですけど

(まあ、誰かが買ってくれれば25%オフになる位なものよ。)

 

 

たださ、

 

安いのよ。(^^)

ナチュラル化粧品でこの価格帯だったら、ご機嫌で買い物ができる〜〜。

 

それに、本当にさとちゃんの敏感肌でも使えるから、

 

学生さんとか、アメリカで庶民の生活してる人にはいいんじゃないかな〜って思って投稿してみました。

 

ご参考までに,ということで。(^^)

 

さとちゃんでした。

ハッシュタグに挑戦!↓(これであってるのかな・・^^;)

 

 

#アメリカナチュラル化粧品 #コスパよし #アメリカ安くて安全化粧品

 

月はどっちにでている???のさ!!!! 満月と新月の時間

サンフランシスコ時間で、今日は3月21日木曜日。

 

日本時間で3月21日の10時43分に満月になったんだってさ。

 

でね、さとちゃんは10年位前から新月に願いごとを書いていて、一時期さぼってて、でももって復活して、数年前からは新月だけでなく満月にも願いごとを書く様になったんですけど、

 

こちらのサイトを参考にしたりしてさ ↓ 本も出てるよ。

ameblo.jp

 

願いごとを書くのは、基本的に新月、満月になってから24時間以内。

だもんで、何時に新月、満月になったか?という時間が重要なんですけどね。。

 

占星術とかわりと好きで、分厚い本読んだりしたこともあったんですけど・・

それもこれも、日本にいた時の話。

 

私、まさかの超うっかりさんでございまして・・・(^^;)

ということに、今日、気付いたんですけど・・・(^^;)

 

だってさ・・・ そもそも天体の勉強って、何の授業でやったっけ??って言う程、習ったのは昔の話。(どうやら学校では理科の授業で教えてるみたいなんですけど、そうだっけ???^^;)

 

日本で満月が3月21日の10時43分なら、サンフランシスコだって同じ日の同じ時間だ!と、

 

私は、サンフランシスコに来てからの2年とちょっと、そう、信じ込んでいました。。

 

地球は自転している。時差があるんだから、お月様にもそれが適応されるだろう・・というのが私の説でした。。

 

だから、おじーが、まんまるのお月様をみて、

 

「今日は満月だねー。」

 

と言っても、

 

「正確には明日です。今日はまだ満月ではありません。」

 

と、断言してました。

 

私がサンフランシスコに来てから、お家のカレンダーは全て日本のカレンダーを使っていたんですけど、そこにも満月、新月の日が書かれていたので、確信をもって、

 

祝日の情報以外は、お月様情報も含めてカレンダーは世界共通!と、

 

思い込んでたんですけどね。。

 

今年からアメリカのカレンダーを使う様になりまして、

 

「あれ??なんか満月と新月の日が、私の情報と微妙に違うぞ。。。」ということに気がついたんですけど、

 

なんせ、アメリカのカレンダー。しかも、あっちゃこっちゃで無料で配布されてる大量生産ばらまき型カレンダーなので、

 

「カレンダーが間違っているに違いない!!」

と、カレンダーのせいにしてました。。

 

だって、ここ、アメリカだからさーーー。(^^;)

 

というわけで、今日の今日まで、自分を信じてきたんですけど・・・

 

ふと、

 

思い立って、おじーに相談してみると・・・。

 

「えー、昨日、既にお月様まんまるだったよー。」と例のごとく、おじーの感覚で言ってくるので(と、私は思い込んでいた。)、調べてみたら・・・

 

げげげ!!!サンフランシスコは(てかアメリカは、ともいう。)、既に昨日の18時に満月になっていたぞ!!*要は、全世界共通の時間(時差の適応なし)ということです。

 

やっぱりカレンダーはあっていたのか〜〜〜〜!と思って、カレンダーを見直したら、

 

3月20日 New Moon(新月のことです。)

 

と書かれている。。。。

 

・・・・・・・・

 

どっちだよ!!!!!

 

「ちょっとおじー!カレンダーに新月って書いてあるんだけど、新月の間違えじゃないの???」

 

毎回、新月と満月のお願いごとを書いているにも関わらず、もう、前回が満月だったか新月だったかすっかり忘れているさとちゃん。

 

「えーー。満月だってばー。昨日みたんだからー。」と、おじー。

 

最終的に、パジャマから着替え直して家の外に出て見に行ったら、

 

 

 

満月でした。(^^;) 

 

ま、正確には97%。100%の満月は昨日だったもんね。。

 

 

うっかり、このやっぱりめちゃくちゃなアメリカのカレンダーのせいで、

 

日本は満月だけど、アメリカは新月、

 

という、アホみたいな考えが頭をよぎって混乱したけれど、

 

 

家に戻り、おじーと2人して、お互いノートパソコンを開き、天体のお勉強して理解を深めました。(さとちゃんは、なんでお月様に時差が適応しないのかがようやくわかりました。たはは。。馬鹿ですみません。。)

 

おじーは何かインスピレーションを得たようで、「明日の授業で使う。」といって(明日はおじー、美術のクラスを担当する日。)、黙々とリサーチをしているよ。

 

ちゅーわけで、

 

アメリカに来て2年と数ヶ月。

 

コツコツと書き続けてきた願いごとは、見事に時間がズレていたようで。。。

だから、あんまり成就率が高くなかったのかな??とか、微妙に納得したりもしています。

 

 

あーあ、あたしって、

 

馬鹿よね・・・・(TT)

 

話はそれますけど、

 

 

お馬鹿なさとちゃんと違って、おじーは、実は◯◯◯大学も、◯◯◯大学も、おじーが出願した大学は全部合格していて、ただ、経済的な事情で地元のサンフランシスコの大学を選んだという話を最近きいて、

 

ほげーーーーーーー!!!とひっくり返りそうになった。

 

まあ、昔と今では大学のランキングも違うと思うし、おじー曰く、当時は黒人の学生が優遇されていたらしいんだけど、

 

おじーが口にした大学の1つは、今をときめくあの◯◯◯大学だった。(◯の数は名前と一致しません。あしからず。)

 

 

おじーの言う事、もうちょっと真剣にきかんといかんねー。さとちゃんは・・(^^;)

なんちゃって・・・

 

Eyes on flying おじーの夢

おじーの朝の日課は、目が覚めた直後から始まる。

 

こんなふうに・・・

 

「なんかね、◯◯ストリートらしきところにいたんだけどね、自分がどんどん風船になったような感じで、ボヨンボヨン弾んでて、その後、空を飛んだり、自分の好きなところに行けたりしたんだよ。」

 

とか、

 

「なんかね、さとちゃんと一緒に空を飛んでたよ。さとちゃんも飛べるようになったんだねーって言ったら、そうだよー!って言ってたよ。」

 

これ、おじーの夢の話なんですけど、夢の話、という前置き無しに突然話し始めるので、

 

慣れるまではさとちゃん、

「夢の話をしているんだよね??(^^;)」と、いちいち確認していました。

 

さとちゃんの夢はたいてい、悪夢系なので覚えていても思い出したくない夢が多いし、むしろ、夢を覚えてないほうが嬉しいくらいなんですけど、

 

おじーの場合、60%位は面白い夢を見ていて、夢を自分でコントロールしているらしい。(そんなおじーも悪夢をみることもあるよー。夜中に叫んでて、さとちゃんが起こされることもあるしね。。^^;)

 

そんなおじーが、今日、

「僕はフライング・スーツが欲しいです。」

と言って、タブレット片手に黙々と検索しまくっている。

 

「えー、なにそれ〜〜〜?」と呑気に答えるさとちゃん。

 

これのことだって〜〜↓

www.youtube.com

 

ほほ〜〜。こんなのがあったのか〜〜。知らんかったわ〜〜。


「ちょっと高いみたいなんだけどさ〜、きっと何十万円とかしちゃうと思うんだよね。」と、おじー。

 

さとちゃん、

「まー、それがおじーのやりたいことなら応援するよー。」

お金のことを現実的に考えるより、先にやりたい気持ちをまず応援したいと思ってさ〜〜。おじー71歳だしさー。人生、楽しんで欲しいじゃん。

 

と、しばらくしたら・・・

 

「とってもお金がかかるのもあるけど、まず200回以上スカイダイビングの経験がなくちゃだめなんだってーー。そんなのできないよーーー」と、しょぼくれている。。

 

 

お金云々よりも、スカイダイビング初心者がこれから200回以上のダイビングをやるなんて、おじーの体力を考えるともう無理だな・・とは私も思った。

 

かわいそうなおじー。(TT)

 

 

さとちゃん、

「じゃさ、とりあえず、スカイダイビングでもハングライダーでもいいから、一度、体験してみるのはどう?さとちゃんも一緒にやるからさー。」

 

「うーん、でもやりたい飛び方と違う。。。」と言って、あまりのり気じゃない様子のおじー。

 

そう、おじーは、自分の夢で見ている飛び方で空を飛びたかったんですねー。

 

と、

 

ここまで読んで下さった方の中には、

 

「何をアホな話をしているのだ?」と思う人もいるかもしれませんが、

どんな夢でも、目をキラキラさせて語る夢は聞いていて気持ちいいし、不可能だとしても、心の中で夢を絶やさずにいて欲しいと私なんかは思っちゃうのよね。何かイメージの助けになるものがあれば、本でも映画でも美術でも、こんなのあるよーって教えてあげたりもしたいしさ。

 

 

ちなみにしつこい様ですが、

 

おじーは71歳なんです。(^^)

 

だから尚更、夢を見続けて欲しいな〜とさとちゃんは願っちゃうぜ!

 

 

 

さて、もう早いもので3月になってしまいましたが、2月はBlack History Monthでした。

 

それは何かと言いますと、

 

大雑把に言えば、黒人の歴史を学ぶ、またはフォーカスを当てる1ヶ月ということで、学校なんかでは、授業でこの題材を取り上げたり、イベントが開催されたりする。

 

ちなみに、さとちゃんがアメリカに来たのが2016年の末なんですけど、2017年、2018年の過去2回、おじーのアシスタントとして、Black History Monthのイベントで小学校で演奏しました〜。 

 

と、話はずれ込みましたが・・・

 

 

先日、私が参加した英語学習のワークショップの題材も、まさにBlack Historyに絡んだものだったんですけど、

 

クラスで取り上げられた3分ちょっとのこのアニメーションが、私はとても好きなので、ここにシェアします。

 

初めてのアフリカン・アメリカンの宇宙飛行士のお話。

彼は残念ながら、宇宙船チャレンジャーの爆発事故で亡くなってしまったけれど、彼のエピソードを兄弟が語っています。

 

この時代、ちょうどおじーが生まれた時代でもあるのですが、人種差別から、黒人は図書館に行く事もできなかったそんな時代。9歳の少年が、1人、図書館で本を借りるためにねばっている姿や、近未来の宇宙の物語(スタートレック)に、人種差別がない自由な生き方を夢見て、実際に宇宙飛行士になってしまったという実話に、

なんか、感動しちゃってさ。。。。(TT)

よかったら見てみて下さいな。

www.youtube.com

 

さてさて、

 

話が脱線していますが(^^;)

何か新しいことの始まりは、誰かの夢が発端だったんだな〜と、そんなことを思ったりして。。

 

忙しい日々の中では、何かと夢をイメージすることすら難しくなってしまうけれど、深呼吸して頭の中に夢を膨らませることを忘れずにいたいものですね。(^^)


ではでは、ごきげんよーう。

 

さとちゃん

 

 

 

Have a nice day!

 

さとちゃん、

 

ちょっと忙しい・・・・

 

引き続き、しばらくブログ書くのをお休みしているかもしれませんが、

 

 

皆様、どうぞ、

 

Have a nice day(^^)/

 

ストーンアート(木の上に並べただけですけど。)by おじー

f:id:Satocomedy:20190218144912j:plain

さとちゃんの英語学習。Regina Kingに感動して。

前回書いたブログがこれだったんですけど、

 

これ↓

satocomedy.hatenablog.com

 

昨日、ゴールデングローブ賞の発表があったみたいで、

 

さとちゃん大号泣のこの映画 If Beale street could talkは、映画賞は受賞しなかったものの、助演女優賞をこの映画に出演していたRegina Kingが受賞した。

 

ブログには書かなかったんですけど(すでに色々書きまくった感があったので。。)、

私も彼女の演技にハッとさせられ、映画を見終わったあとにおじーと、

 

「どのシーンが特に印象に残っているか?」の会話をした時、

2人とも真っ先に浮かんだシーンが、Regina Kingのとあるシーンだった。

 

(映画を見れば、どのシーンのことを言ってるのかわかると思います。多分。)

 

彼女の受賞のスピーチが、私はとってもとっても好きなので、備忘録としてはりつけ。
そのうち、日本語訳が出るんじゃないのかな?もうあったりして。

www.youtube.com

 

これは彼女の息子も一緒。賞の前。

www.youtube.com

 

もういっちょ。

こういうのも見ていて楽しい。(英語、分かるところだけ拾って理解って感じだけど。)

www.youtube.com

 

ちなみに、おじーはRegina Kingに会って、ちょっと会話をしたことがあるそうなんですけど、

 

「あれは、どこだったかな〜〜〜?10年位前なんだけど。。。うむむ、思い出せない。。」だそうです。

 

ちなみに・・

 

サンフランシスコに住んでいると、なのか?

おじーがアーティストだから、なのか?

または、おじーが71歳だからなのか?(要は私より長く生きてるって言いたいんですけど。)

 

全部なのか?どっちかなのかは分かりませんが、

 

おじー人生、世界的に活躍している人と遭遇する機会が結構あって、

 

ほほ〜〜〜〜〜〜、そうなんだ〜〜〜!!!

 

と、時々、ビックリする。

 

本人だと気付かずしゃべって、後でジュリア・ロバーツだと気付くとかさ。。。(^^;)

 

面白いね、おじー。

 

全然関係ないのだけど、さとちゃんは今月から(てか来週から)、英語のクラスに復帰です。昨年の秋学期(って言えばいいのかな?)は、サボってたので、今年はちょっと気合いを入れて、Creditのクラス(まあ、大雑把に言えば単位の対象になるクラス。)を受講します。

 

て言っても、週3回の1時間のクラスなんですけどね。(^^;)

バイトもあるし、ドラムもあるし(今月から4つのクラスでドラム叩くことになったしさー。わーい。)、家事もあるし、まあ、できる範囲でこつこつやろーう!

 

でもって、アメリカに住んでいると、「英語はできなきゃあかん!!」と、ついつい力んでしまって逆に勉強しないという(私だけでしょうか??^^;)、不思議なことがよくあるんですけど、

 

まあ、ここでも何度も自分に言い聞かせるブログを書いているんですけど、

 

つまるところ、

 

英語がペラペラ話せるようになる為に。。なんてのはどうでもよくて、

 

ただ感動したいから!

 

だから英語を勉強すっか!ということなんだよな〜と、

 

そんなことを自分に言い聞かせ気合いを入れるさとちゃん。。(^^;)

 

さて、早いもので今年に入って一週間が経ちましたとさ。

ここまで読んで下さった皆様は、今年は(も?)絶対素晴らしい年になるからね〜〜。

 

以上、さとちゃんでしたー。

 

A Must See! ブラック・ムービー ☆ if Beale street could talk( ビール・ストリートに口あらば)

私がサンフランシスコに住み始める時だったか、それとも結婚する前、ちょっと長めにおじーのところに滞在した時だったか・・・

 

ちょっと忘れちゃったんですけど、

 

日本から飛行機に揺られ、ようやくサンフランシスコのおじーの家に着いたとき、おじーが私に本をプレゼントしてくれて、

 

「君にはちょっと難しいかもしれないけど、是非読んでみて。」

 

と、渡されたのが、James Baldwin(ジェームス・ボールドウィン)の本だった。

 

よーし、読んじゃうぞ〜〜〜!と、ページをめくるも、さとちゃんには難しくて1ページで挫折・・・。今よりも全然英語ができなかった2年前(以上かな?)のこと。

 

本は本棚にしまわれ、その代わりといっちゃなんですが、

おじーとJames Baldwinの映画を見に行った。

 

アメリカで初めて映画館に行って見た映画がこれだった。↓

www.youtube.com


これがまた、映像が理解を助けてくれるところもあったけど、当時のさとちゃんには(今もそうかもしれないけど。。)英語がチンプンカンプンすぎて、よくわからなかった。。

 

 

彼が具体的にどんな影響力をもった人なのか?どんな発言をして、どんな作品を書いていたのか?(彼は有名な作家でもあります。)

 

こればっかりは、おじーが色々説明してくれても、自分が作品に触れてみたり、彼の言葉を理解できないと、わっかんないな〜〜〜と、思っていた。

 

そんな風に思った日から時は流れ、

 

気がつけば、2018年12月31日 大晦日。

 

何故か夜中にお腹が空きすぎて眠れないさとちゃんとおじー。

起きてご飯を作るにはあまりにもだるく、何より深夜すぎて、近所迷惑だなあ。。と思ったり。

 

明け方になってようやく眠気が襲ってきたとき、8時にセットしておいた目覚ましのアラームがなった。

 

そのままアラームを無視して眠りこけることもできたんだけど、まあ、とりあえずインスタグラムでもチェックするか・・・

 

と、目に入ってきたのが、アリシア・キーズ(アフリカン・アメリカンのミュージシャンです。)の投稿だった。

 

何やらブラックムービーで、感動するラブストーリーの映画を勧めているらしい。。ふむふむ

 

と、調べてみたら、

 

ちょうど今、アメリカで公開になっている If Beale street could talk  という映画で、James Baldwinが原作だった。

 

さとちゃん、寝不足で朦朧としてたんですけど、何かがピントきてしまい、早速出動です。

 

隣で、こちらも朦朧としているおじーに話しかけ、「James Baldwin原作の映画がやっているぞ!今日は2018年の最後の日だから、無理して見に行こう!」

 

というわけで、無理して行ってきました〜〜〜〜。(^^)/

 


日本では2月に公開されるみたい。TVコマーシャルになってたりするのかな?
見るまで知らなかったんだけど、注目されてる映画だったよ。


邦題:ビール・ストリートの恋人達 日本版予告編

www.youtube.com

 

こちら予告編。アメリカ版。

www.youtube.com

 

さて、

 

映画館についたら、シートがリラクゼーションシートで驚いたし〜〜!!!

 

は、いいとして・・・(^^;)

 

映画はどうだったかというと・・・

 

さとちゃん、実は映画が始まってすぐに涙・涙で、ほぼ号泣。

映画上映中の80%いや・・ 90%を泣いて過ごしたという、さとちゃん至上、初めての泣きまくりの映画でした。(^^;) まあ、結構、涙もろくはあるんですけど、今回は自分でもびっくり〜〜〜

 

いやさ、

 

ポイントはいくつかあるんですけど、

 

その1:

映像が(カメラワークっていうのかな?)が、とても素晴らしくてアートの域だった。

キャプチャーして、静止画が美術館に飾ってあってもいいくらい素晴らしいな〜と、私は思いました。

 

その2:

ちょっとおじーを見ているようだった。

おじーが生きてきた時代背景とも被ってるし、なんというか、主人公Tishの恋人と、Tishの父親という、この映画で重要な役割を果たしている2人のブラックの男性が、まー、おじーに似ている。顔が、っていうことではなくて、生き方が??というか、それがブラックである・・ということなのかもしれないけど。(まあ、人にもよるけど。)

 

その3:

英語でみているから細かなところの理解はできていないのだけど、それでもだいぶ何を言っているのか分かるようになってきたのと、だから逆に、私が身近で接している、おじーを始めとするアフリカン・アメリカンの皆さま方を映画の中にみて、映画の世界がぐっと近くに感じた。

 

その4:

日本語の映画のタイトルでは、「ビール・ストリートの恋人たち」となっているけれど、これは、If Beale street could talk というオリジナルのタイトル、「ビール・ストリートに口あらば」(実際に、90年代にこのタイトルで日本で本が出版されたみたいだけど)にした方がよかったんじゃないの?????とさとちゃんは頭をひねる。

 

この映画はラブストーリーでもあるけれど、恋人同士の愛の話だけではなく、家族の愛も描かれているし、何よりも、黒人がアメリカで暮らす事の厳しさを伝えている。

ブラックであるということが、どれだけ覚悟のいることなのか、そして、繊細な心を持ちながら強く生きているという、そんなことが描かれている素晴らしい映画だな〜と思ったよ〜う。

 

 

ちなみに、リンクの映画の予告編では、バック音楽にKilling me softlyが使われているようですが、私の記憶が正しければ、これは予告編向けの音楽で、本編には出てこないんですけど、

 

 

さとちゃんは、こっちの音楽を聞きながら予告編を見ることをお勧めします。↓

www.youtube.com

 

ちょっとしたネタバレみたいですけど、

だけど、もし、うっかりこのブログをみてこの映画をみようと思う人がいたら、

この曲を聴いて映画を見たら、何かを感覚としてわかるんじゃないかな〜〜と思う。

 

ちなみにおじーは小さい時、毎日のように学校で歌ってたんだってー。

 

2009年のオバマ大統領の就任式には、アレサ・フランクリンが歌ってたんだねー。

www.youtube.com

 

さて・・・

 

余談ですけど、

 

おじーはJames Baldwinと一緒にテーブルを囲んでご飯を食べたことが数回あったそうな。

 

このことはまたいつか、おじーヒストリー・シリーズで取り上げます〜。なんつって。

 

というわけで、今回も長々とさとちゃん節をかましましたが、

 

 

2019年まであと1時間〜〜〜〜。

 

来年もよろしくたのも〜〜〜う。

 

映画館でぱちり。

f:id:Satocomedy:20190101155913j:plain

 

 

ブログを読んで下さった皆さま方、家族、そしていつも私を気にかけてくれる友人達に、感謝と愛をこめて。2018年、ありがとうございました。

 

さとちゃん 拝

f:id:Satocomedy:20190101160031j:plain

 

太鼓叩きの日記:境界線。さとちゃんだってドラマーだぞの巻。

久しぶりの太鼓叩きの日記。

 

さとちゃん、一応、アフロヘイシャンのドラマーでもあるので、さとちゃんの気付きを時々、ブログにまとめてきましたけど、

satocomedy.hatenablog.com

 

自分のやりたいことをやっていると言っても、まー、それなりに嫌な事があったりはします。

 

そのほとんどが人間関係で、アジア人の女性がドラムを叩いてることを良く思っていない人はいる。それはドラマーにもいるし、ドラマーどころか、ダンサーにだっているだろう。

 

無視されるなんてことはよくあることで、最初はいちいち傷ついて落ち込んでいたけれど、最近は、

 

「そんな人間性を持つあなたとは関わりたくないので、私の目の前から消えて下さい。」

 

と思っている。なんか、腹立ってきちゃってさーーー。ぷんぷん

 

ただ、それでもやっぱり、

 

心の中で何かが痛い・・・・。まあ、これもそのうち気にならなくなるだろう。。そう願っているけれど・・。

 

さて、

 

そんなこんなのアフロドラム&ダンスコミュニティですが、

 

アフリカルーツのダンス&ドラムなので、ここではブラックの人達が一目おかれるという傾向がある。

 

まあそもそも、彼らのカルチャーのダンス&ドラムをやっているんだから、そりゃそーなんですけど、

 

ここ数回、ブラックのノリノリの若者が、おじーとドラムを演奏しているダンスクラスに姿を表し、いきなり一緒になってドラムを演奏し始める・・ということが起こった。

 

最初は私もおじーも、ダンスの先生の知り合いなのかと思って、突然のこの若者の演奏に何も言わずにこやかに受け入れていた。

 

 

私はおじーの生徒でもあるので、おじーが彼に対してどう接するか見てから、彼への態度を決めようと思っていたんだけど、

 

 

おじーが、他のドラマーへの礼儀として、

「一緒に演奏してくれてありがとう。」というような事を言いに行ったんだけど、

 

これね、

 

本来であれば、この状態でおじーが言いに行くっていうのは相当変な話で、

 

勝手に混ざってきたこの若者が、

「演奏に参加させてくれてありがとうございました。」って、言うべきなのよ。。(^^;)

 

まあ、こういうことが分からない人もいるので、おじーが自分から挨拶しに言ったんだけど、

 

このお方、おじーの挨拶は適当に流し、私のところにきて、

「君はどこからきたんだい?日本!そうなのかー!」と言って、私の頭をつかんで頭にキス。(あっと言う間で逃げられなかった。。)

 

私がおじーを指差して、

「私は旦那である彼からドラムを習っていて彼の生徒でもある。」と告げる。

 

要は、

「おじーの前で勝手なことすんな。馬鹿。」

って意味なんですどね。

 

ドラマーはわりと縄張り意識が強いから、マスタードラマーとかリーダーのドラマーに対して忠実な人が多いし、だからこそ、マスタードラマーが自分のドラマーをがっちり守る・・ということでもあるんですけど。(だから、マスタードラマーの目が光っているんだから、迂闊な態度は取るなっていう、さとちゃんのなりの警告だったんですけどね。さとちゃん、この若者がおじーをスルーした態度も気に入らなかったしね。)

 

 

この若者の様に、そんなのしーらない!太鼓叩きたいから叩いただけ〜〜〜

 

みたいな人が、どういうわけだか、ダンサーにちやほやされてしまうという、理由の分からない現象が起きて、さとちゃん的にぶったまげたりした。

 

そう、

 

彼はブラック。

 

しかも、ノリノリ♪

 

さとちゃん、

 

アジア人、女性。

 

ノリノリというよりは、真面目にコツコツタイプ。

 

ダンサーにちやほやされたことなんてないからねーーー。

 

まあ、別にそんなのはどうでもいいんだけど、

 

後で分かったのは、

彼は、ダンスの先生の知り合いでもなんでもない、ただ、本当にノリで参加してきただけの人だったってこと。。。(^^;)

 

 

そして、彼は、またその次の週もスタジオに現れ、我々の所に来て、演奏に混ざり始めた。

 

前回と同様、承諾も得ずに勝手に演奏に混ざってくるこの若者。

更に今回は、完全にリズムがズレていて、我々が演奏しづらいったらありゃしない。

 

おじーが、「こうやってリズムを刻むんだよ、」て教えても、無視して自己流。

 

「指示が聞けないのなら、あなたは演奏すべきではないよ。」と、喉まで言葉がでかかったところで、おじーが演奏をとめて彼に言った。

 

「我々はアフロヘイシャンの音楽を演奏している。だから我々のやっている音楽を演奏してほしんだよ。一緒に混ざってくれるのは歓迎だが、自己流で混ざって音楽を壊してしまうのは、このカルチャーに対してリスペクトがないんじゃないかな?僕も君のカルチャーを尊敬する。だから、君もリスペクトを持って欲しいんだよ。」

 

 

が、この彼、英語がわかんらいんだか、なんだか、

 

何言ってんの?この人〜〜〜

 

みたいな態度でいる。ただ、唯一、おじーが怒っているのは察したらしく、黙ってスタジオから消えた。

 

で、

 

もうこの若者に会う事はないだろ〜〜〜〜と思って、数週間が過ぎたところで、

 

なんと再び現れたし〜〜(^^;)

 

 

で、さとちゃん、今回はがん無視。

 

おじーに対して敬意を払えないドラマー(まあ、彼はドラマーじゃないみたいだけど)を相手にするほど、さとちゃん優しくないからね。

 

まあ、現れたってだけで、演奏には混じってこないだろ〜〜と思ったら、

 

また、凝りもせず、演奏に混じってくるし〜〜〜〜〜(^^;)

 

さすがに今回は隣でドラムを叩き始めた彼に対して、

 

「No, No, Noooooooooooo!!!!!!!!!」

 

と絶叫する私。

 

おじーが演奏をとめたところで、さとちゃん、たまりかねて、

 

「私はたくさん学んでここにいるんだ!これはアフロヘイシャンのドラムだ。」と伝える。

 

本当は、

 

だから、あなたみたいに、自己流で叩いているわけではないし、みんなが自由に参加できるドラムサークルではないんだよ。おじーの指示がきけないのなら、演奏しないでほほしい。。。

 

 

と言いたかったんだけど、

 

カチンときている時に、咄嗟にそんな英語は出てきませんでした。。。(^^;)

 

代わりにおじーが、

 

「前にも言ったけど、我々のやっている演奏ができなければ叩かないで欲しい。」

 

と、伝えた。

 

そして、また、黙って立ち去る若者。

 

てか、睨まれたよね。。(^^;)

 

で、更に、

 

ダンサーにしてみれば、なんのこっちゃ???な、わけで、

 

むしろ、なんで一緒に演奏したがる若者を追い出すんだ・・・くらいの気持ちだったのかもしれない。

 

ダンサーに無視されて、帰路につくさとちゃん。(仲良しのダンサーさんもいるけど、まあ、極一握りかな。。(^^;)
*あ、ちなみに、勢い余ってちょっときつく書いちゃいましたけど、クラスに集まった面子によります。今回の面子は、しら〜〜〜って感じだったかな。

 

 

前にここにも書きましたけど、

真摯にドラムに打ち込んでいる人というのは、ドラマーがドラムを叩いていなくても何かを感じたりする。というか、許可なく演奏に混ざるなんて、こんな失礼な真似は絶対にしない。(と、私は思う。)

 

satocomedy.hatenablog.com

 

あと、ドラマーじゃなくても、カルチャーを大切にする人、もっと言えば人に対して敬意を払えるかどうか、

 

ブラックのノリノリの若者をその場の雰囲気で評価するのと、

コツコツと時間と労力をかけてドラマーの道を進んできたおじーを評価するのと(もっと言えば、私に対しても。)

 

 

私にとっては、一目瞭然のようなことが、

 

ここではそうではないということ。。。

 

そんなことが分かり始めたとき、

 

人の目を気にするよりも、

 

私自身が関わりたい人を選ぼう。と、そう決めた。

 

あなたと仲良くなろうとは思いません。

 

あなたがどんな人であっても、例えこちらを気に入ってくれたとしても、

 

私が関わりたい人は、私が決める。

 

そう思った。

 

アフロのドラムってうのは、公園でみんなで集まって、わーいわーい♪

っていう自由参加型ドラムサークルがあちこちにあるので、ドラムを見れば自由参加って勘違いする人もいるのかもしれないけど、

 

 

勘弁してくれ。。。

 

 

てか、勝手に許可なくドラムを叩くのもやめてくれ。。。

叩けば音がでるからって思うかもしれないけど、ドラムだってバイオリンと一緒だよ〜〜〜。管楽器と一緒だよ〜〜。

 

我々(それは一部のドラマーかもしれないけれど)にとってドラムとは何か?は、ここでも書いてます〜〜。

satocomedy.hatenablog.com

 

 

あーーーーー!!!スッキリした!!!!!!!!

 

ブラックじゃないけど、男性じゃないけど、筋肉モリモリじゃないけど、更にアメリカ人でもない普通の女子ですけど、

 

私だって、

 

ドラマーなんだぞーーーーーーー!!!!がおーーーー!!!!!

 

 

以上、ブログを愚痴に使うさとちゃんでした。(^^)

f:id:Satocomedy:20181230134927j:plain

漫画の吹き出しみたいな飾り物があったので。
サンフランシスコの中華街にて。
強くなければドラムは叩けんぜよ。本当に。。。