さとちゃんとおじー 

低血糖症を煩い、人生ガラリと航路変更。仕事休職→退職からいきなりサンフランシスコでの生活に挑む!年の差国際結婚。アフロで凸凹な日常。

41歳のThanksgiving

41歳になった。

f:id:Satocomedy:20171124184355j:plain

 

 

私の誕生日は11月23日。

 

勤労感謝の日で、日本では、国民の祝日でお休み。

 

で、アメリカは、というと、

 

サンクスギビングー・デー(感謝祭)という
家族や親しい人が集う大事な日に(毎年、第3木曜日らしい)

今回、私の誕生日が重なっちゃったんですね〜〜。

 

おじーの誕生日、9月23日。

オレ様の誕生日、11月23日。

 

ということで、お互い23日生まれ。

 

おじーの誕生日は、前日に、弟さんが亡くなってしまった為、
気持ち良くおじーの誕生日をお祝いすることができなかった。

 

で、10月もバタバタと過ごし、

なら、この11月23日を2人の誕生日祝いとして、仕切り直しで
内輪でパーティーでもしようか。。と考えてたんですけど、

 

「そういえば、サンクスギビングじゃん。誘っても誰も来ないかも・・・(^^;)」

 

しーーん・・・


と思っていたら、おじーの親戚(実際にはおじーの子ども達のお母さんのお兄さんの子どもの家族。なんかなぞなぞみたいでしょ・。笑。)から電話がかかってきて、パーティーにお呼ばれ。

 

結局、こっちのパーティーの日程を変えることで、パーティーに行く事になった。

 

私たちのパーティーはいつでも出来るし、私の誕生日については、むしろ地味に過ぎてくれる方が性に合っているくらい。内輪のパーティーは、あくまでも、おじーの為に、開催したかった私。

 

 

ちなみに、昨年の自分の誕生日は、具合が悪くて実家で伸びてたはず。。

その前も、具合が悪かったはず。。

で、その前は・・・・。

 

忘れました。。。(^^;)

 

自分主催の誕生日パーティーをやってたこともあったけど、
それももう、昔のことの様。

誕生日を祝ってくれていた仲良しのお友達の1人が亡くなり、
多分、こうした事も関連して、低血糖症の症状がだんだん出てきていた頃
だったのだと思う。今にして思えば。。


そんなこんなで、いつの間にか「自分の誕生日をお祝いしない私」になっていたのかもしれない。もちろん、家族・友人達から温かいメッセージやプレゼントを頂いたりしてたのだけど、

 

自分の心が、自分の誕生日を粗雑に扱うことに慣れてしまってたんだなーと、

 

実は、最近気がつきました。

 

なぜなら、おじーに怒られたから・・・(^^;)

 

誕生日プレゼントを買いに行くのを渋っている私をみて、
(ちょっと忙しかったこともあるし、特に欲しいものも無かったので、ちょっと遠慮してみたんですけど・・)


「特別な日なんだから、ちゃんとお祝いしたいんですけど!」とむっとされる。

まあ、確かに、お祝いしたいと思ってくれてる人がいるとすると、
気持ちを受取らないのは失礼だよな。。と思って、誕生日の前日、お買い物して来ました〜〜〜♪

 

るんるん♪

 

これで私はもう満足よ♪♪

好きな物ゲットできたしね♪♪


そしておじーは、これで心おきなく、サンクスギビングに持っていくガンボスープの仕込みに入れるよ。(ちなみにこのガンボスープの材料費の方が、私の買い物より高かったんですけどね。ま、私の買い物が高くなかったってのもありますけど。。)

 

 

ちなみにガンボスープとは、アフリカンアメリカンにとって縁あるお料理と言えばよいかな。おじーのガンボスープは、たくさんのシーフード(蟹、エビ、アサリ)と野菜(オクラ、コーン、セロリ等)、スパイスが効いていてとても美味しい。おじーの親戚もみんな、おじーのガンボスープが大好き♪ おじー3日がかりで作る大作料理!

 

 

f:id:Satocomedy:20171125162718j:plain

 生きてる蟹。この子を解体するところから始まります。ごめんね〜〜(><)

 

 

 

だもんで、23日の私の誕生日当日は、Facebookや頂いたお祝いメッセージに、「じ〜ん」としながら過ごしてました。

 

 

さて、夕方になると、でっかい鍋を担いで、うちのボロ車で会場に向けて出発です!
車で1時間くらいかけて、到着!

既に30人くらい集まってたんじゃないかな?


到着するなり、

 

Happy Birthday!!

と、お祝いの言葉とハグをもらって、

 

もうそれだけで、超嬉しい私!!!

 

感動(T T)

 

と思ったら、サプライズで、おじーのカッチョいい子ども達ファミリーからプレゼントとカードを頂く。

 

再び、感激(T T)



と思ったら、今度はみんなが集まって、ケーキと歌でお祝いしてくれた!


ぎょえ〜〜〜〜(><)

しかもケーキは手作り!!小学生が作りました!すげー。

f:id:Satocomedy:20171124184435j:plain


これは、しばらくジミタン(地味な誕生日)をしていた私には、
抱えきれない感激!!

なので、感極まり、

 

ろうそくを吹き消す前に、

 

まだまだ大してしゃべれない英語なんですけど、


強行でみじかーいスピーチをしました。

誰も、求めてなかったと思うんですけどね。。(^^;)

ま、誕生日ということでご愛嬌。

 

そして、英語のネイティブ・スピーカー(90%がアフリカンアメリカン)に囲まれて歌ってもらったバースデーソング。

 

録音しておけばよかったーーーーー(><)


ちくしょーう。涙。

 

というわけで、

 

うっかり超お祝いしてもらいましたとさ。

オレ様、ビックリだよ!!

 

 

帰りの車の中で、「サプライズ、気付かなかったでしょ〜〜。むふふ。」と、
おじーが細く笑んでいる。

おじーが仕掛け人か〜〜。
いや、ま、考えてみたらそうか!でも、気がつかなかったわ、私。

おじー、ありがとーう(^^) (^^)

わたしゃ、幸せだ〜〜〜〜!!!

 

と、本来なら、ブログはここで終るはずなのですが・・・・

 

 

実はまだもう一つ物語があることを、車で家路を急ぐ我々は、この時、知る由もなかった・・・

 

 

 

Free way(高速道路)をかっ飛ばして時に、トイレに行きたくなってしまったおじー。

途中でFree wayを降りて、トイレに向かうも、そんな簡単にトイレが見つかるようなところではないので、おじー、ホームレスの皆さんが集合しているトンネルを抜けて、ちょっと何とかなりそうなところに車停車。用を足して頂きます。

 


すると、ちょうど通り沿いに、ホームレスかな?と思われる、アフリカン・アメリカンの男性が、大きな声で叫び始めた。

「げげ。大丈夫かな??(^^;)」と、車で待っている私。ちょっと緊張が走る。。
おじーもこっちを振り向いて気にしている様子なんだけど、なぜか突然、ゲラゲラ笑い始めた。

どうやら、このホームレスと思しき男性が面白かったみたい。

そのゲラゲラ笑っているおじーをみて、私も笑った。不安はあっという間に消えた。

 

 

ふと、おじーが車に戻って来た時に、

日本語で、「ターキーあるよ。」とおじーに言った。

日本語だし、意味がわからないでキョトンとしているおじー。
後部座席から、パーティーでもらってきたターキーとサラダを包んだ紙皿を掴んで、おじーに渡した。

 


おじー、私が言いたいことが分かったみたいで、紙皿を持ってホームレスと思われる男性に渡しに行く。

おじーから紙皿を受取る男性の姿が見えたので、車の窓を全開にして、車の中から手をふった。その男性も手を振り返してくれた。

車道の向こう側から、誰かが何か言っているのが聞こえた。

アフリカン・アメリカンの男性グループがいた。

 

 

おじーが車に乗り込み、話はじめた。

 

「彼、ちょっと精神的に安定してない感じだったけど、受取る時に、ちゃんとこっちの目をみてありがとうって言ったんだよ。なんだかそれが胸に迫るものがあったんだよね。」

 

そして、続けて、

 

「通りの向こう側から、“サンキュー・サー”って、言葉が返ってきたの聞こえた?彼ら、見てたんだよ。この光景を。」

 

この話をきいて、私、泣く。(T T)


私が差し出した紙皿を掴んで、何も言わずすぐに行動に移したおじーにも、

そして、それをみていた人から、お礼を言われるこの状況が、

 

なんだか、じ〜〜〜〜ん。

 

はからずも、サンクス・ギビング(言葉の意味通りなら、感謝を伝える、与える)に、サプライズで、私には抱えきれない感動を頂き、

 

そして、

 

もし私自身も、今回、何かを伝える、与える・・・ということに、ちょっとでも貢献できたとしたら、

 

これ以上嬉しいことはないな。。と

 

41歳になったその日の、最後の最後で、これまた、ものすごいプレゼントをもらってしまった気分。

 

実際に行動に移したのはおじーだけど、この何か感動する瞬間を目撃できて、それが私には、大きなギフトになった。

 

ターキーと野菜の紙皿が、受取ってくれた彼の胃を喜ばせてくれてるといいな〜と願う。

 

最後に、

 

たくさんの祝福と、バースデーソングで、私の言い辛い名前を言ってくれてありがとう。

 

紙皿を受取ってくれてありがとう。私の意図を理解して、黙って渡しに行ってくれてありがとう。

 

トンチンカンでカオスなアメリカで、

今、私は本当に最高に幸せだ。