さとちゃんとおじー 

低血糖症を煩い、人生ガラリと航路変更。仕事休職→退職からいきなりサンフランシスコでの生活に挑む!年の差国際結婚。アフロで凸凹な日常。

太鼓叩きの日記:見えないもの・・

おじーの友人のドラマーさんが、最近、こんな体験をした。

 

彼はブラジルのサンバを演奏するドラマー。

奥さんがダンサーさん(インストラクター)で、自身のサンバグループも持っている。

パレードに出たり、ライブは盛り上がったりと、成功してるらしい。

 

このカップル、彼も奥さんもブラジリアンではない。ラテン系アメリカ人と白人。

 

彼らがブラジルに関連したイベントでワークショップを行っていたところ、

他のワークショップを受け持っていたブラジル人が、ワークショップ中に彼らのところに来て、

 

「ブラジリアンでもないくせに、お前達のやっている音楽はクズだ!」と襟を掴まれて脅かしたという。

 

 

おじーが複雑な表情で、

 

「あいつ(ドラマーさんの事)は良いやつなんだよ。僕も過去に彼にはとても親切にしてもらっている。ただ、彼らができる事(レパートリー)はとても限られているし、ドラマーとして見るなら、まだまだ勉強が必要だと思う。真剣にその道を取り組んできた人が見れば、彼らのやってることが面白くない・・という気持ちも分かるんだよね。ある意味、仕事を取られちゃってるわけだしね。。」

 

 

ふと、おじーと周りのドラマーさん達との関係を考えた時、アフロヘイシャン、アフロキューバン、コンゴリース、アフロブラジリアン、等々、おじーと他のアフロ系ドラマーの重鎮の方々との関係性がしっかりしているのを思い出した。

 

この個性のぶつかり合いが激しいアフロ・カルチャー。ぶつかり合い、緊張する関係性というのは結構ある。

 

その中で、相手をリスペクトし、そして自分もリスペクトされる状況(自分のテリトリーを守るともいうかもね。)を保っているのは、やはりそれなりにやってきたことへの「真剣さ」がキーワードなのかもしれないな。。と思ってみたり。

 

 

コミュニケーション能力にたけた人が、その道で十分なレベルに達しなくても、人を集め、パフォーマンス(または仕事と言ってもいいかも?)を成功させて、好評価、高収入を納めてしまうって、これ巷にゴロゴロ転がってる話なんじゃないかな。。

 

 

一方、真剣にその道を進んできた人たちは、思う様に評価されなかったり、逆に、ちょっと人をよせ付けなかったりとか。(まあ、人にも依るでしょうけど・・。これは私の見方ですが、真剣に何かを納めた人の方が、人を見て教える気がする。誰に対しても間口が広いわけではないというか。)

 

別にどっちが良くて、どっちが悪い・・ということではないのだけど、

 

前者が、横に広がっていく様な、みんなでハッピー系としたら、

 

後者は、縦に伸びていく、真理追究型の内観系というか・・・

 

(あくまで私の見方ですので。。。^^;)

 

でもこれ、両者が相容れない・・ということはなく、その人によっては、ハッピー系で追求型もいるし、追求系のハッピー型もいるでしょう。。(なんかややこしい。。?)

 

ただ、こういう脅しが起こってしまうというのは、やっぱり何かそこに歪みがある。

そして、おじーもまた、その歪みに対して危機感を持っている。

 

あるレベルに達してなくとも、新鮮なエネルギーを感じて広がっていくのは良い事だろう。。

 

でも、そこにある精神性、伝統、リスペクト、感謝・・そういった、目に見えないものも大切に受け継がれてきた。それも同時に広がっているのだろうか??

 

 

最後に、以前おじーと参加したドラムサークルのことを・・・。

 

アフロ系のドラマー達が一同にそろって、公園でドラムを叩いていた。

 

その時、おじーはドラムは叩かず、シェケレをふっていた。その時、コンガを叩いていた白人男性がいて、ドラマーには厳しいおじーも「彼はいいドラマーだねー。」と言っていた。私もそう思った。音が他の人と全然違った。ガーナのドラムサークルだったのだけど、ガーナ人より上手いよ・・・と思った。(^^;)

 

あとでその白人の彼がおじーのところに、「初めまして」と挨拶をしにきた。

おじーはドラムは叩いていないのだけど、おじーに何かを感じたらしい。

 

おじーも私も、「ああ、彼は真剣にアフロのドラムを勉強してるんだな。」と思った。何か見えないものをちゃんとわかっているんだな・・と。

 

ダンスの場面でも、素晴らしいダンサーさんは、私がするより先に挨拶しに来てくれたりして、面食らうことがある。

 

おじーも挨拶をしにいく。「あなたと演奏できて光栄でした。」と。「あなたの演奏は素晴らしかった。ありがとう。」と。

 

真剣だから謙虚なのか、謙虚だから真剣なのか・・・

 

なんとなく、この状態にいる人を脅す・・・ということは起こらないじゃないかな?と思った。というか、起こりようがない気もする。。だって先に挨拶しにいっちゃうもんね。きっと。(^^)

 

まあ、もしかしたら、やっかみで脅す。。ということはあるかもしれないけど。。??

f:id:Satocomedy:20171108072349j:plain

写真では元気そうな2人ですが、私はただ今、一週間程、風邪でぶっ倒れ・・おじーは、私のひどい咳のせいで夜眠れず、最近寝不足。。。可哀想。。。(><)

ちなみに私は片目が斜視なので、視点あってませんけどね〜。気付いた人いるかな??