読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Satocomedyの人生驚いた  

低血糖症を煩い、人生ガラリと航路変更。仕事休職→退職からいきなりサンフランシスコでの生活に挑む!年の差国際結婚。アフロで凸凹な日常。

私的サンフランシスコの名所 Berkeley Flea Market(バークリ蚤の市)

サンフランシスコ生活 サンフランシスコ観光

バークリーはサンフランシスコではないので、タイトルにそぐわないのですが、まあ、サンフランシスコから車や電車でピョイっと行けるところなので、勝手に良しとします。はい。

 

天気の良い週末は、バークリーのフリーマーケットにGOですよ。

f:id:Satocomedy:20170129105243j:plain

http://www.berkeleyfleamarket.com/

 

東京の代々木公園のフリマを、ちょっと規模を小さくした様な感じ。

 

サンフランシスコは、今やアフリカ系の人がどんどん減っているらしく、私も思っていたよりも全然見かけないのだけど、このバークリーのフリマは80%がアフリカ系。

 

なので、アフリカングッズが満載!!

あとは、お香やキャンドル、オーガニック雑貨なんかもあります。

 

ビバ、アフリカ!な私は、会場に着くなり嬉しい雄叫びです。わおーん。

素敵なアフリカ柄のワンピースやアクセサリー小物がいっぱいです。目がはあと。

 

お食事を提供している人もいて、お腹が空いたらご飯も食べられます。

 

f:id:Satocomedy:20170129110302j:plain

アフリカンフード。野菜とお豆とカボチャの煮付けとフライドフィッシュ、そしてライス。ボリュームたっぷり$13。これを2人で食べてお腹いっぱい。(ちょっと残したくらい)このお店のお兄さんが、「The 良いやつ」という感じで、とても気持ちのよい可愛い接客をしてくれた。「写真をブログに載せてもいいですか?」と尋ねると、「ありがと〜〜う」とご承諾。こちらこそありがとう。

 

 

おじー(私のお連れ様)と、木陰でランチを堪能。

BGMは、ファンクミュージックです。

 

アフリカンフードのお店の近くで演奏しているおじさんファンクバンド。バンドのメンバーはみんなアフリカンアメリカンで超ノリノリ。

 

ちょっと感動した私。。。

 

だって・・・

 

素晴らしいパフォーマンスだったんですもの!!

 

これはさすがに、日本のフリマ、いやいやフリマでなくても、とにかく気軽に無料で見られるレベルじゃないでしょ。。。と思った次第。

 

おじーも、誉めていて楽しそうに聴いている。(おじーもミュージシャンだもんで)

 

と、思ったら、ドラムがおじーの知り合いだった。

 

 

ちょっと離れたところでは、今度はドラムサークルが行われている。

 

f:id:Satocomedy:20170129112229j:plain

みんなで輪になって太鼓を叩いている。コンガが80%で20%がジェンベという感じ。

コンガ率高し!

 

ここでもおじーの別の知り合いが太鼓を叩いてた。

 

 

サンフランシスコでケーブルカーに乗ったり、カストロ通りを散策するのも良いのですが、とにかく、今、サンフランシスコは白いのですよ。。(^^;)

 

音楽やダンスを始め、アメリカのすばらしい多様な文化を作り上げてきたのは、アフリカ系の人達でもあるわけで、そこに目を向けてみるのも面白いのではないかな〜と。

 

私的おすすめスポットでした〜