読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Satocomedyの人生驚いた  

低血糖症を煩い、人生ガラリと航路変更。仕事休職→退職からいきなりサンフランシスコでの生活に挑む!年の差国際結婚。アフロで凸凹な日常。

Women's Marchに思う・・・ 

f:id:Satocomedy:20170122113817j:plain

 

大統領就任式の次の日はWomen's March。

サンフランシスコでも盛り上がっているので、勝手に時々自称ジャーナリストSatocomedyは、おじーにお願いして早速現場に駆けつけます。

 

ピンクの帽子やカツラを被った人を始め、テーマカラーのピンクのスタイルの人、プラカードを持った人等、分かりやすい出で立ちの人達が、Civic Center(市役所)目指してぞろぞろ歩いています。

 

Women's Marchというタイトルから、女性の人権的な感じがメインになるのかな?と思ってたけど、プラカードを見る限り、トランプ反対が90%で、あとは、女性の人権、移民の事、Black lives matter等人種差別関係などなど、という感じ。

 

上記の写真は、サンフランシスコのCivic Center。Civic Centerや周りの公共の建物も、このイベントを応援してピンクのライトをつけている。

 

天気は曇りから雨に・・。気温も下がってきているので、デモにはちょっと不向きな天候。。。(みんな風邪ひかないでね〜〜)

 

Civic Center付近はたくさんの人だかり!上空にはヘリコプターが3機くらい旋回している。

 

おじー、知り合いに声をかけられる。(3人位)

おじー、知らない人に写真を取られる。(確認できてるのは2人。皆、あちこちで撮影しているので、よくわからず)

 

ちなみに我々は自称ジャーナリスト潜入しているので、ピンクの格好もプラカードも持っていないんですけど。。。(潜入といっても、もちろん主旨に共感しているところもあります〜)

 

このデモの参加者は、65%がWhiteと呼ばれる方々、残り25%が中国系をメインとするアジア系。7%がラテン系、3%がアフリカ系という感じ。(Satocomedyのざくっとした見積もりなので、あしからず。) ちにみに全体の30%はゲイカップルだった様な気がする。いや、もっといるかも。

 

というわけで、まあ、珍しかったのかもね。。ここでのおじーの存在。

または、おじーが目立つので写真を取られるということもあるかもだけど。。

 

f:id:Satocomedy:20170122120618j:plain

 

ところで、このWomen's Marchに行く前、我々は、Hunters pointeというサンフランシスで治安の悪いとされる地域に行ってました。

 

ある目的があって昼間、そこに出かけたのだけど、夜はおじーも絶対に行かないとのこと。D-boyや危険な香りがする人達が集まっている様です。(ちなみにD-boyって初めて聞いたんですけど。。。B-boyなら知ってるけどさ。。)今は、テック関係の人が、住処を求めてこの地域にも入ってきてるみたい。でも、治安の悪さは変わらないらしい。。

 

そこに何しに行ったかというと、" The African Outlet"という、アフリカングッズ満載のお店を訪ねたからでーす。

 

f:id:Satocomedy:20170122122915j:plain

この左側の女性がお店を切り盛りしている。私好みのとても素敵な人だった。何が素敵かって、素の状態が素だった。。とでも言えばよいだろうか。。説明になってないけど。。ちなみに私が下げているバックは、ここのお店のもの。

 

写真掲載の許可を頂いたけど、ちょっとこの写真、ぶれてるわよ〜〜。もうちょっと良い写真ないんかいな??と思ったけど、ありませんでした。。。これが奇跡的に一番良い写真。

 

撮影をお願いした(おじーによると)ナイジェリア人のおじさん2人組が、撮影が下手で下手で、何回とってもぶれぶれ。皆でぎゃははーって笑って、それはそれで楽しかったなあ。最後に握手してお店を後にしました。

 

話はWomen's Marchに戻って、この大規模なデモは、そんなこんなで市役所やら、その周辺のオペラハウス、劇場等も協力。サンフランシスコだけでなく、アメリカの主要都市で行われているわけですが、主旨には私も大賛成で、潜入といいながらこのデモを応援しているという気持ちもあるのだけど、何か、正直なところ釈然としないものがある。。おじーもそうみたい。。

 

デモに参加する理由を突き詰めた先にあるそれぞれの幸せを得られた時、果たして、それはみんなの幸せにもなっているのだろうか?そんな事を思ったり。。Hunters Pointeに行ったからか、Women's Maruchがなんだかとてもきれいな教科書的な集まりに見えてしまったのかも。

 

私にとっては、Hunters pointeの" The African Outlet"での時間が、Women's Marchだったと思っている。ただ、お店で遊んで帰ってきただけだけどさ。でへへ。

 

「アフリカ人、アフリカ系アメリカ人、白人アメリカ人、日本人」が集ってげらげら笑っているそんなひとこま。とてもとても幸せな時間だったなあ。

 

追記:おじーが、こんな写真があるよ〜と、Women's Marchの画像を持ってきた。おじーネットワークで手に入れたらしい。


出所が分からないのでここに掲載できないけど、写真の中央にはピンクの帽子を被った白人女性が3人。ちょっと高いところに立ってノリノリで写真を取っている。その前に、「Don't forget : White Woman voted for Trump(白人女性がトランプに投票したということを忘れるな。)」と書かれたプラカードを持っているアフリカンアメリカンの女性。

うーん、釈然としないわ。。。