読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Satocomedyの人生驚いた  

低血糖症を煩い、人生ガラリと航路変更。仕事休職→退職からいきなりサンフランシスコでの生活に挑む!年の差国際結婚。アフロで凸凹な日常。

Who am I ? 私について

About me

こんにちは。Satocomedyです。
1976年生まれの現在、40歳ほやほやです!


小さい頃から「なんだか具合悪いな〜。」という身体的な症状と、「人生、何かと切ない・・。上手く行かない・・ぐすん。」という精神的不安定な症状の両方を持ちながらも、たいして自分の症状に目を向けることなく生きてきたら、突然、最後の審判がくだってしまい(ちょっと大げさ。。)、2015年の11月、社会生活から脱落。低血糖症と診断され、会社休職、その後、退職。

 

その後、良くなったり悪くなったりを繰り返し、約1年間、世間でいうところのプー太郎、本人が言うところの、療養中、またの名を、概念が覆される日々を送る。

 

そして、私は今、アメリカはサンフランシスコで、年の離れたかっちょいいおじさまと国際結婚。一緒に太鼓を叩きながら、ディープなアメリカ社会でサバイブしています。

 

人生何が起こるか分かりません。
何歳になっても、どこにいても、驚きはいつも突然やってくるもの。具合が悪過ぎて、「私、もう死にます。」と思ってもなんとか生き伸びていたり、逆に、死とは縁遠そうな大切な人達が、自ら命を絶ってしまったり・・。

何が起こるか分からないんなら、どうせなら、世間の思い込みの枠組みからはみ出て、無謀と思えるチャレンジが本当に無謀なのか試してみても悪くはなかろう。。いやいや、むしろ、実はそっちの方がワクワクしたりして。。。

 

という、40歳の女子の日々のチャレンジをお伝えするブログです。

どうぞよろしく。

f:id:Satocomedy:20170114171053p:plain

写真は、San Francisco JAZZで撮影。縁あって、年越しカウントダウンライブにご招待いただきました〜。こういうご縁もいちいち驚きます。